ビジネスグラフ

​報酬制度の設計・改修支援

・基本方針の策定から従業員向け
 説明会まで丁寧に伴走支援

対処療法的な報酬制度改定ではなく
 中長期を見据えコントロール可能な制度設計

・貴社の伝えたいメッセージを
 報酬のみではなく、評価や研修支援で

​ 一貫させることで浸透支援

対処療法ではなく中長期を見据えた報酬制度設計

​報酬制度は「何に対してお金を支払うのか」、評価制度は「どのような成果・行動を評価するのか」、研修は「どのような成長を期待するのか」一貫したメッセージを発信することで社員へ浸透させていきます。

評価制度、研修などの人事施策

​でメッセージがバラついている

狙いと異なる新陳代謝により

​社歴の長い社員ばかりの組織構成

​その時々の対処療法を繰り返し

​人件費のコントロールが難しい

人事評価と研修、採用がそれぞれ個別最適な目的を設定して、一貫したメッセージになっていない。

社歴の長い中堅以上の社員の新陳代謝が出来ず、期待する若手社員の定着率が低くなってしまっている。

競合企業の進出など、その時々の環境に合わせ報酬制度を修正してきたため、人件費コントロールができない

logo_rgb.png

​会社が求める組織像に向け、

社員を動機付け行動を促す報酬体系を設計

​プロジェクトの特徴

基本方針の策定・報酬水準の決定・従業員説明会まで一貫した伴走支援

Step1

基本方針の策定

現状分析結果に基づき、新報酬制度の設計基本方針を決定する
・何に対して給与を支払うのか?(職務、職能、役割)
・階層、職種ごとに異なる考え方を採用するのか

Step2

比較対象の選定及び
​報酬ベンチマーク

ビジネス上の競合先・人材獲得競争先・地域性などを考慮して、
報酬ベンチマーキングの比較対象企業を選定し、貴社等級と外部データを統一のモノサシで比較するためのレベルマッチングを実施

Step3

報酬水準の決定

内部・外部各種要因を考慮した上で貴社の目指す報酬水準を決定

・階層、職種別に別途目指す報酬水準を設定するのか
・地域差をどのように報酬水準に反映するのか

Step4

変動給比率の設定

適切な変動給比率を必要に応じて職種、階層別に設定
・営業変動給比率>ワーカー変動給比率、

・管理層変動給比率>非管理層変動給比率など

Step5

報酬レンジの設定

各等級に適切な報酬レンジ幅を設定
・該当等級への予想滞留年数
・等級間のレンジの重なり(重複型、接続型、階差型など)

Step6

移行シミュレーション

新報酬制度への移行プランの策定と決定

・一括移行か、段階的移行かなど
・コスト試算

Step7

その他、ルール策定

昇給マトリックス

採用時処遇決定ルール

昇降格時報酬決定ルール

Step8

コミュニケーション

新報酬制度の幹部層・従業員向けのコミュニケーションプランの設定
・説明対象、説明時期、説明プロセス、説明資料の作成など

​・新報酬制度ハンドブックの作成

​ご支援の流れ

​事前に十分なヒアリングを行い、貴社に最も効果的なプランをカスタマイズ

​ヒアリング

ご提案

ご契約・実施

専門のコンサルタントが

貴社状況をヒアリング

させていただきます。​​

貴社のご要望​・課題解決に最適なプランにカスタマイズ致します

​事前準備を万全にしたうえでプロジェクトをご提供いたします。

お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。ご相談内容を確認した後、

担当者より2営業日以内にご連絡いたします。

貴社の状況・課題感をヒアリングさせていただき、要件を整理。具体的なご提案を30分~1時間かけて行います。

ヒアリング

ご提案

​正式なご契約